最近のトラックバック

« オオワシ・オジロワシ(タカ科) | トップページ | オシドリ(カモ科) »

2016年2月11日 (木)

エゾモモンガ(リス科)

大沼の湖畔近くの森にエゾモモンガがいるというので、見に行きました。
そこは湿地なので、夏の間は入れません。冬に凍っている間だけ入れるところです。
また、その場所については、口止めされているので、残念ながら聞かれても教えられません。

モモンガは夜行性なので、昼間はめったに姿を現しません。日が暮れて、暗くなった頃に巣穴から顔を出すのです。たまには昼間に活動していることもあるようですが、もしも昼間に見られたら、それは相当ラッキーなことです。

さて、暗くなると、何も見えなくなりますから、懐中電灯で照らす必要があります。神経質な動物だと、気にするのでしょうが、モモンガちゃん、全く気にする様子がありませんでした。

20160206_171625_0041

日が暮れて薄暗くなった頃、モモンガちゃんが顔を出しました。しばらく身動きしないで、じっと我々を見ています。

20160206_171839_0062

この子は、するりと巣穴から出ると、ささっと木の後ろ側へ行って見えなくなりました。
するとそのすぐあとに2匹目が顔を出しました。

20160206_171841_0068

2匹目が後ろを向いていると、3匹目が顔を出しました。きっと、巣の中では、「お前、いつまで様子見ているんだよ。早く出ろよ、あとがつっかえてんだぞ。」とか言っているに違いありません。

20160206_171848_0077

このシーンを動画で撮りましたので、youtubeからどうぞ。1分20秒くらいです。

https://www.youtube.com/watch?v=Y2o1rtQG5-o

明るいときに、この木のところに行ってみました。
近くの木がトイレになっていて、フンやおしっこが散らばっています。

20160211_142127_0032_

20160211_142132_0033_

20160211_142140_0034_

フンがいっぱいです。

20160211_142239_0036_

木に積もった雪もちょっと黄色くなっています。おしっこですね。

もしも雪の森を歩いていて、こんなフンが見つかったなら、そこのすぐそばでモモンガちゃんが活動している証拠です。

森を歩くときは、気をつけてみましょう。

« オオワシ・オジロワシ(タカ科) | トップページ | オシドリ(カモ科) »

動物」カテゴリの記事

コメント


久しぶりにHP拝見しました。
 今年のセミたちはいかがでしたか。
 先週行った亀田半島はアブラゼミばかりが多く
 山のセミたちは極めて少なかったです。
 

adonis様
コメントありがとうございます。
今年はセミはあまり多くなかったと思います。場所によっては、セミの声すらしませんでした。
函館山ではミンミンゼミの声が目立ちました。戸井ではヒグラシが聞かれたと言います。ヒグラシは、松前でも聞きました。地球温暖化でしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537860/63245410

この記事へのトラックバック一覧です: エゾモモンガ(リス科):

« オオワシ・オジロワシ(タカ科) | トップページ | オシドリ(カモ科) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ