最近のトラックバック

« 粘菌(粘菌) | トップページ | ルリボシヤンマの羽化(ヤンマ科) »

2016年12月 4日 (日)

シマエナガ(エナガ科)

冬になると、近所の木の多い公園などで見かけることがあるラブリーな小鳥です。
真っ白な顔に、黒い眼と小さなくちばしがちょんちょんとついています。しっぽがかなり長くて、大きく見えますが、体の大きさはとても小さい方です。

20161204_094511_01581600

冬になるとと書きましたが、実は夏もいる鳥で、留鳥といいます。夏の間は、けっこう山の林の中で、木の枝の間で生活しているので、なかなか見かけられないのです。冬になると、麓の方に下りてきて、木も葉を落とすので見えやすくなるのです。

20161204_094513_0160800

もう、ちょろちょろと、ちっともじっとしておらず、写真に撮るのが大変です。

20161204_094538_0053

とてもかわいらしいので、人気があるようで、写真集なども発売されています。

この顔の白いシマエナガは、北海道でしか見られないようで、本州のエナガは顔に線が入っています。
北海道の冬によく見られると言うことで、「雪ん子」とか、「雪だるま」とか、「雪の妖精」とか、いろいろ言われているようです。

20161204_094553_01861000

シマエナガは、エナガの亜種になります。シマとは、北海道のことを表すそうです。

20161204_094559_0056

20161204_094603_0057

えさは、木の実、樹液、虫などです。特にアブラムシが好きと言います。バードテーブルに肉の脂身を置いていたら、食べに来るという話も聞きます。けっこう脂っこいものが好きなのかも知れません。

20161204_094609_02081500

しっぽが長くて、体の半分ほどを占めます。そのため、ひしゃくの柄を連想して、柄が長いで、エナガと呼ばれるようになったそうです。

20161204_094738_03061920_

20161204_094841_03371920_

20161204_094846_03431920__2

このシマエナガちゃんたちは、上八雲で出会いました。3羽ほどがちょろちょろと、あっちいったりこっちいったり、けっこう見ている人のそばまでやってきていました。

« 粘菌(粘菌) | トップページ | ルリボシヤンマの羽化(ヤンマ科) »

鳥類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537860/64581450

この記事へのトラックバック一覧です: シマエナガ(エナガ科):

« 粘菌(粘菌) | トップページ | ルリボシヤンマの羽化(ヤンマ科) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ