最近のトラックバック

天文

2016年8月 9日 (火)

函館山千畳敷の星空

8月9日、台風5号が太平洋を通り過ぎ、函館は台風一過の素晴らしい青空になりました。風が強いものの、天気予報では、夕方から弱まるという予報。
これは、もう、行くしかないと決断しました。
しかし、ロープウェイで行く御殿山だと、夜景の上に北極星が来ません。なんとか夜景と北極星をとりたいので、千畳敷に行くことにしました。

函館山には車は、夕方5時から10時まで通行止めです。バス、タクシー以外は、入り口で止められます。

また、つつじ山駐車場に車を置いて、山の上を歩く手もありますが、つつじ山駐車場から千畳敷までは、平坦ではありますが2Kmの道のり。麓から旧登山道で、1.6Kmの道のり。どっちもどっちですね。ただ、つつじ山駐車場には、タイヤの跡がいっぱいついています。暴走族のような輩が騒いでいる証拠です。そんなところに愛車を一晩置いていて、ぶつけられたり、いたずらされるのもいやです。

そんなわけで、下から歩いて上ることにしました。テント、寝袋、三脚2台、衣服など、けっこうな荷物です。去年このために用意したキャリーに縛り付けて、出発です。背中には、リュックサックに朝食、飲料水、おやつなど。肩にはカメラバックに一眼デジカメペンタックスK-5、ニコンp610、リコーWG4GPS、そして交換レンズなど。なかなか重いです。

函館山入り口で早速止められました。下の駐車場に行きたいというと、通してくれました。下の駐車場に車を置いて、旧登山道を上り始めてすぐに後悔しました。階段だらけです。キャリーは、平坦なところだと楽ですが、階段を上ったり下りたりするのは、苦手です。仕方なく、前でだっこしたり、後ろに背負ったりして、なんとか上っていきました。もういくらも進まないうちから、汗だくです。

20160809_174931_0001_

2合目をこえたあたりから、階段ではなくなったので助かりましたが、本当に疲れました。上っている最中、外国人さん(白人)が登山道を上っていました。男の人は、あいさつもなしにどんどん行ってしまいました。しばらくしてきた女の人は、少しおしゃべりしていきました。昨日は大澗にいたんだとか。こんな薄暗くなっても、上っていくのは外国人さんばかりというのが、面白いです。日本人は、数人のグループが下山してきただけでした。

登山道では風がなくなり、天気予報通り!と、ウキウキしながら上っていきました。途中、恵山がくっきりはっきり見えました。この透明度、この空はなかなかないぞーと、うれしくなりました。

20160809_182341_0001_

そして、千畳敷に着きました。風がものすごいです。あれれ、天気予報はどうなったの?さっきまで風がないと思ったのは、風が山にさえぎられて当たらなかっただけのようです。千畳敷は山の上なので、風がビュービューです。

どうしようかなと思いましたが、天気予報はどれも夕方から風は弱まるでしたので、とりあえずテントを設営しました。すでに暗くなりかけていたので、急ぎました。

そして、下見で決めていた砲台跡に行きました。風が半端ではありません。三脚ごと、カメラが吹っ飛びそうです。スーパーの袋に、砲台跡の崩れたコンクリートなどを入れて重しとして、三脚にぶら下げました。これで1台は安定しました。

しかし、軽い三脚とカメラの方は、手で押さえていないと、簡単に倒されてしまいます。風に吹かれながら、じっと耐えてみました。
津軽海峡の見える南側は、漁り火がけっこう明るいです。でも、月や、火星、土星、アンタレスの三角形も見えました。

20160809_200118_0043_


函館の夜景、思ったよりもずっとずっと強力でした。夜景がかぶらないようにすると、星がほとんど写りません。星に合わせると、夜景が白く飛んでしまいます。仕方がないので、露出4秒で夜景に合わせることにしました。カメラのインターバル撮影では、1000枚までしか撮れないので、約1時間しか持たない計算になります。

20160809_193627_0045_


風に耐えながらじっとしていましたが、風で体温を奪われて、ぼんやりしてきました。こっこれはまずいっ。夏山で低体温症とか、しゃれにならん。とりあえず、一眼デジカメを放置して、テントへ撤退することにしました。カメラ、倒れないでくれよと願いながら、テントに引き返しました。

テントにもどったのはいいのですが、風がすさまじく、テントごと吹っ飛びそうです。とても寝られるような状態ではありません。どうしたもんじゃろうのうと、考えました。砲台跡の基地に逃げ込めば、風はしのげそうですが、かな~りこわい雰囲気があって、あそこでは寝たい気がしませんでした。
さてさて、困ったなあと思っていたら、ひらめきました。トイレに逃げよう。トイレはしっかりした建造物ですから、風でどうこうなるものではありません。よっしゃと、シートと寝袋だけ持って、トイレへ行きました。ちょうど男子トイレの入り口付近が、風をしのげていい感じです。においはしますが、この際ぜいたくは言っていられません。

20160810_060223_0073

このトイレのこの場所で寝ました。おかげで、ぐっすりと寝られました。そして、夜中の1時半、目を覚ましてみると、風が弱まっていました。カメラを回収して、テントに寝ることにしました。テントもカメラも、風に耐えて、がんばって立っていました。

そしてとれたのがこの写真です。
02hdr
なんとか夜景と星を両立させようとして粘りましたが、私の力ではこんなもんでした。クリックして、大きくしてみてください。

テントで寝たのはいいのですが、夜中の3時頃、おばさんの声で目が覚めました。はああー??函館山の上で、夜中の3時に、女の人の声~!!なんですかー!!あり得ないでしょうと、こわごわテントから出ましたが、もうどこかへ行ってしまったようで、だれもいませんでした。(この話をすると、みんなお化けが出たんだというのですが、お、お化けなんかいないに決まっているでしょう!人間に決まっているんだらねっ!)

さて、3時に起きたので、どうしようかと思い空を見ましたが、雲が来ていて星は無理そうです。でもせっかく来たのですから、雲の動きをとることにして、千畳敷の展望台にカメラをセットしました。

その時の動画です。
函館山の雲の動き

https://www.youtube.com/watch?v=1n_ztwzd0CQ

朝日の朝焼けがきれいです。ご覧ください。

また、もう1台のカメラを下に置いて、空を写した動画がこれ。
うろこ雲の変化

https://www.youtube.com/watch?v=OtcssVNcPTo

函館山、5時6時頃になると、次々登山者が上ってきます。聞くと、毎日上っている人たちなんだそうです。真冬でも、真っ暗な中、ライトつけて上っているそうです。びっくりポンです。

もう少し、ゆっくりしていたかったのですが、上ってきた人に、ここ、テント張っていると注意されるぞと言われて、下りてきました。
どこにもキャンプ禁止とはなかったと思いますが・・・。

2016年8月 6日 (土)

八雲育成牧場の星空

この土日もいい天気。星を見るには絶好の天気です。
と言うことで、上八雲から八雲にかけていい場所を探して回りました。

上八雲にもいいところはあったのですが、トイレが近くにないなどの条件で、八雲育成牧場に決定。

育成牧場には展望台があり、そこの地下?には、トイレもある。牧場内なので、たぶん熊さんも来ないだろう(という予想)。見晴らしもよく、街灯も目につかない。などが決め手になりました。

20160806_182231_0075_

これが展望台。

20160806_142205_0017

展望台からの風景。

ただ。トイレは、ものすごい虫の山でした。蛾、コガネムシ、ヒメギス、etc・・・。これは、夜も明かりが付き続けるために、誘引されたものでした。(虫嫌いな方は、覚悟して入りましょう。)

展望台も夜の間、明かりが付き続けるので、そこの駐車場では、星を見るには不適です。でも、ちょっと離れた道路で、星が十分楽しめました。展望台までは、夜景を見るための車が夜中でも来ますが、さすがにその先の道路まで来る車はいませんでした。

1600

北側は八雲市街地で、ちょっとかぶります。でも、噴火湾のカーブがきれいです。
この写真には、中央やや右側にペルセウス座流星群の流星が写っています。

南側は、明かりがなくて、最高です。天の川がくっきりと見えました。
この天の川が動く様子を動画にしてみました。ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=pURAlYH7ZUc

20160807_020351_0823_

天頂も天の川がばっちりです。

20160807_003853_0776_

アンドロメダ座のM31銀河も写りました。

20160807_013521_0803_

これは、ペンタックスのo-GPSを使って、普通の300mmズームレンズで撮ったものです。M32も写っています。いい空だというのがわかってもらえるでしょう。

2016年8月 4日 (木)

大沼の星

昼まで勤務していましたが、いい天気なので、突然時間休をもらって、大沼へ出かけることにしました。急いで帰って、晩ご飯をかっ込み、大沼へ出発。
目指すは、ターフルドウリバージュのところの公衆トイレの前。ここは、去年から下見をしていて、5月に1度星の写真に挑戦したところです。

さっそく湖畔に三脚を立て、撮影開始。今の一眼デジカメは設定さえすれば、あとは自動でシャッターを切ってくれるので、たいした楽です。

撮り始めるとヒマなので、七飯町に住む同僚に電話して、付き合ってもらったりしました。

ただ、大沼は観光地なので、車のライトで照らされたり、観光客がライトを照らしながらお散歩に来たりと、ちょっと勘弁してほしいところは、いろいろあります。まあ、それでも、空の暗さや、トイレがあることやら、ロケーションの良さなどを考えると、大沼はいいところです。

で、撮れた写真がこれです。
20h13m~23h54mまでの約4時間の写真です。

20h13m23h54m21600

クリックすると大きくなります。

ライトなどで照らされたために、所々、不自然に明るくなっています。

この写真は、30秒露出の写真をパソコンで合成したものですから、ライトに照らされたしまったコマを外すこともできます。すると、星の軌跡に途切れが出てしまうのですが、全体としてみた場合に、不自然な明かりがない方がいいかもしれません。そこで作り直したのがこの写真。

20h13m23h54m31600

さて、どちらがお好みですか。

で、私は、プリウスの中で、車中泊していました。

2015年10月10日 (土)

月、金星、木星、火星

明け方の空に、3惑星と、月が集合しています。

これから天気が下り坂に向かうようなので、天気が回復してからでは、月はもういなくなっているでしょうけれど、早起きして、東の空をながめてみましょう。なかなか見応えありますよ。
2015年10月10日の朝5時5分の東の空です。

20151010_050502_00151600

ちなみに、1番下の月はわかりますね。
1ばん上の明るい星が金星、
月の斜め上左横の星が木星、
木星と金星の間のやや暗めの赤っぽいのが火星です。
写真をクリックして大きくすると見やすくなります。

2015年4月 4日 (土)

2015年4月4日の皆既月食

2015年4月4日は、皆既月食でした。
前回から半年ほどしかたっていませんので、ラッキーです。

今回は、春休み中の、しかも土曜日の夜という日程で、時間もそんなに遅くなりませんでした。ですから小学生でも十分に観察できるラッキーな上にラッキーな月食になりました。

今回は、函館のシンボル?五稜郭タワーを入れた写真を撮りたいと思って、場所を探してまわりました。
シュウェットカカオ(ケーキ屋さん)のあたりから見る五稜郭タワーはかっこよく見えるので、そのあたりでどうかと思ってうろつきましたが、方角が合いません。

亀田川沿いに北上していくと、緑地公園のはずれあたりが良さそうです。そこに陣取りました。

たまに来る歩行者に声をかけては、月をながめてもらったりしました。

Output_comp01

月がどんどん高くなるので、カメラを担いで場所を移動していきました。
すると、同じことを考えている人はいるものです。似たような場所に三脚を立てて、がんばっているカメラマンが2人。

Output_comp0221600200

皆既の写真を撮ろうとすると、タワーの照明が明るすぎです。
そのため、タワーがおかしな色合いになっています。
ちなみに一番高いところの月が皆既中の月です。
今回の月食は、皆既の時間が12分しかない、あわただしい月食でした。

さらに場所を変えて、中央警察署と五稜郭公園の間あたりまで行きました。そこにもカメラマンが数人いました。

Output_comp031600200

そこにいた1人は、さっきのところにもいた方です。話してみると、なんと、この写真を撮るために、神奈川から来たというのです。今回、本州は天気が悪くて見られないところが多かったのです。その方は、天気予報を見て、飛行機で函館に来ることを決意。14時の飛行機で函館に来たというのです。
日食なら我が家も沖縄(金環日食)、ハンガリー(皆既日食)、中国(皆既日食)、東京(金環日食)と、あちこち行きましたが、月食のために飛び回ったというのはありませんでした。
そしてお年を聞くと、78歳!!げっ元気すぎるっ!!

いい加減寒くなったので帰ることにしましたが、その方はまだ粘ると言っていました。ホテルが駅前というので、電車の場所を教えたのですが、あとで終電に間に合ったか気になりました。

その後いただいたお葉書によると、やはり終電に間に合わなくて、駅まで歩いていったとか。あの重い機材を背負って、駅まで歩いていくとは、げっっっ元気すぎるっっっっ!!!!

YOUTUBEに動画もアップしています。

https://www.youtube.com/watch?v=XHZmV9RrTpc

月が明るいときは、ハレーションを起こしていますが、皆既中などはうまく写っています。明るさの違いを感じてください。

2014年10月 8日 (水)

2014年10月8日の皆既月食

2014年10月8日は、皆既月食でした。
小学校での星を見る会をぶつけて、学校のグランドでの観察となりました。
天気がいまいちで、夕方にはけっこうな雨が降ったりして、やるかどうか判断に苦しみました。
何とかできそうなので開催しましたが、曇ったり晴れたりのくり返し。落ち着かない観望会になりました。

20141008_181712_00052

18:17


20141008_183631_00092

18:36


20141008_190937_00112

19:09


20141008_192637_00182

19:26 皆既中です。

ここまでで月は厚い雲の中に入ってしまい、回復の見込み無しと言うことで、星を見る会は終了にしました。
で、機材を片付けている間に雨がぽちぽちと落ちてきました。
いやー、もう少し判断が遅かったら、機材一式、濡らしてしまうところでした。危機一髪。

2013年11月17日 (日)

アイソン彗星探し

夜中の2時半に家を出発して、椴法華を目指しました。アイソン彗星を見るためです。
ところが、椴法華の銚子海岸に着いたら、漁り火が煌々と輝いていて、星どころではありません。

銚子トンネルを抜け、南茅部の古部漁港へ入ってみましたが、

街灯が明るい上に方角がダメ。

 

少し戻ってトンネル入り口のところの旧道のところに車を置いて、
 
その先の広いところ(港?)に陣取りました。

そこは、明かりもなくて、コンクリで平坦で、かなりいい場所でした。

 

でもその頃には、東の方角にモクモクと雲が。

仕方がないので、月を見たりしていました。

それでも雲がとれないので、天体望遠鏡を組んで、木星を見ました。

シーイングが良くて、しま模様もくっきりとよく見えました。

 

そのうち月も山に沈み、

Imgp15171600

雲がとれ始めたので、

アイソン彗星を探し始めました。

しばらくして、双眼鏡で発見。しっぽも見えていました。

 

でも、写真では、なかなかうまく写りません。

あるのはわかるのですが、しっぽまで写すのが難しい。

 

真っ暗闇なら、O-GPSを使って、長時間露光するのですが、

Iso32005秒でかぶり始める明るさなので、

16005秒で、何枚も写しました。

(帰ってきてから考えると、それでも長時間露光をした方が良かったかも。)

Imgp15551580

わずかにしっぽが見えています。この写真は、7枚の写真を合体させて作りました。
彗星のところだけを取り出すと、

Imgp15551580_2

こんな感じです。何とかしっぽが見えますね。

ちょうど空には、4つの彗星がきていました。時間がなくて、双眼鏡で探したりできなかったのですが、

ラブジョイ彗星

Imgp15442
真ん中のぼんやりしたやつ。
しっぽはわからないですね。

リニア彗星

Imgp15482

明るい星は、うしかい座のアルクトゥルス。
そのすぐ隣にいたのですが、全くわかりませんでした。

あと、エンケ彗星もいたはずなのですが、低すぎて見つけられませんでした。

アイソン彗星は、11月の末に太陽に近づきます。その頃は、太陽に近すぎて見られません。

12月の上旬には見られるようになります。立派な姿が見られることを期待しましょう。

2012年8月14日 (火)

金星食

8月14日の早朝は金星食でした。
金星食は何年かおきにあるものですが、たいていは昼間に起こります。そのため、今回のように暗いうちに見られるというのは、けっこう珍しい現象なのです。
なんでも、次にこうなるのは50年後なんだとか。私はもう生きていませんね。

夜中の2時過ぎに起き出して、空を見ると星が見えています。おお、やった!と、月を探しましたが、家からは見えません。けっこう低いところのようです。
なのであわてて海沿いの啄木小公園まで走りました。

啄木小公園はけっこう車が止まっていました。車中泊の車だと思います。トイレも水もあるので、いいのかもしれません。

月を探すと、ありました!でも、雲が多い。

あわててセッテイングをしてのぞくと、金星がまだ月の後ろに入っていません。でも、雲が多くてピントを合わせられません。

20120814_024340_00141200

ああ、急がなくては!と思っていたら、画面が真っ黒に…。雲に隠れてしまったのです。この大事なときにっ!!

なんだか5月21日の金環日食を思い出しました。また雲との戦いか…。
こうなったら、しばらく粘って、出てくるところを撮るしかないっ。

20120814_025945_00321200

左下の明るいのは月。その陰に金星(見えていない)。真ん中の明るい星は木星。その右斜め下の星はおうし座のアルデバラン.そのまわりのV字型の星の並びはヒヤデス星団。写真の上の方の星のかたまりは、プレアデス星団。日本名はすばる。

待っている間に、東京から帰省中の家族連れとか、ちょっと年配の方とか、夜遊び帰りの若者たちとか、けっこう人がやってきました。そういう人たちに、星を見せたり、説明したりしていたら、あっという間に時間がたちました。

ただ、問題は、あわてて家を飛び出してきたので、何時何分に金星が出てくるのか、全くわからないということでした。こうなったら適当に撮り続けているしかありません。

午前3時46分8秒。金星はまだ顔をだしていません。20120814_034608_00571200

 

午前3時46分18秒。金星が顔を出しました。その瞬間偶然にもシャッターを切っていました。ラッキーでした。

20120814_034618_00582

午前3時46分42秒。金星がすっかり顔を出して、明るくなったことがわかります。

20120814_034642_00591200

4時を過ぎると、そろそろ薄明が始まりました。夜明けです。

20120814_040557_00961200

帰って、ちょっと寝て、ふらふらと仕事に向かいました。あー、サボりたかった…。

2012年5月26日 (土)

金環日食

2012年5月21日、日本太平洋岸で金環日食になりました。
日食屋としては、見逃すわけにはいかず、仕事をさぼらせてもらって、東京まで行ってきました。

地図や方位を見比べて、東に何もないところと考えて、選んだのが東京お台場。海沿いなら、高いビルもなくて良さそうです。羽田空港からも近くて、行き来も楽そうです。

前々日にホテルに入り、前日は日食と同じ時間帯にロケハンを行いました。そして選んだのが、水の公園広場。
もしかすると、とんでもなく人が来るのではないかと覚悟して、当日は、朝5時から場所取りに出かけました。

はずれました。だーれも来ない・・・。寂しいくらい閑散としていましたね。離れたところでは、青森から来たという2人組。国際展示場駅のところでは、京都から来たという人が機材をセットしていただけでした。

こちらは、沼田町化石館の館長さんと、昔の教え子とその息子、そして妻の4人で、観測をしていました。

朝5時には、空は青く晴れわたり、こりゃあいいぞという感じだったのに、東の方から黒い雲が広がりだして、6時過ぎころには、ポツリポツリと、なにやら変なものが・・・。なんなんですかー。

結局、欠け初めのあたりは、全く見えませんでした。途中から雲越しに見え始めて、何とか見られたと言うところでした。

Photo

雲との戦いだったことがわかるでしょ。

2011年12月11日 (日)

皆既月食

皆既月食、何とか見れました。

深夜だし、日曜には用事があるし、ということで、目覚ましをセットして、一旦寝ることに。

ふと気がつくと、12時!皆既の終わる時間です。目覚ましのセットが不完全で鳴りませんでしたぁぁぁ!

あわてて外へ行くと、雲は多いものの皆既の月が見えました。

20111211_00206_0008600

写真を撮ると、もう皆既終了のところでした。

色は明るくて、きれいな赤銅色です。地球の大気の汚れは少ないようです。

20111211_01333_0026600

まあ、家の前なもので電線だらけですが、一応オリオンと、冬の大三角。

雲が次々来るし、月はどんどん明るくなるし、星夜写真はこれであきらめました。

寒いので、最後まで見ないで引っ込んでしまいました。(ああ軟弱もの・・・)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ